So-net無料ブログ作成

IQが高い人ならこの「3問のクイズ」が簡単に解けるらしい! 全問正解率は17% [雑学]




20120616_2995588.jpg

今日ご紹介するのは「高IQの人ならスルッと解けるはず」という3問のクイズです。

・全問正解できたのはたった17%
2005年に “世界一短いIQテスト” として発表された、この『認識力反射テスト(The Cognitive Reflection Test :CRT )』
たった3問と侮るなかれ。今回この問題を取り上げた『indy100』によると、3500人中、全問正解できたのは17%しかいなかったというのです。


問題はこちらです↓(答えは下の方にあります)

Q1:バットとボールの合計は1ドル10セント。バットはボールよりも1ドル高い。ではボールの値段はいくら?

Q2:5個の部品を作るのに、5台の機械で5分かかる。では100台の機械で100個の部品を作るには、何分かかる?

Q3:湖の上に、スイレンが浮かんでいる。毎日、スイレンの数は2倍に増える。スイレンが湖全体を覆うのに48日かかる。ではスイレンが、湖半分を覆うのには何日かかる?

スポンサードリンク






さて、答えは分かっただろうか? ちなみに多くの人は……

Q1:10セント
Q2:100分
Q3:24日

と答えがちだそうだが、これらは間違いですw


正解は下記のようになります。

A1:5セント
バットとボールの合計が1ドル10セント。
バットはボールよりも1ドル高いので「1ドル10セントー1 ドル=10セント」で、この10セントをボール代だと思ってしまう人が多いようです。

しかしそうすれば「10セント(ボール代)+1ドル=1ドル10セント(バット代)」で、バットとボールの合計が1ドル20セントになってしまいます。

「10セント」を2で割った「5セント」をボール代とすれば、「1ドル5セント(バット代)+5セント(ボール代)=1ドル10セント」となります。

A2:5分
5個の部品を作るのに、5台の機械で5分かかるということは……1台の機械で1個の部品を作っても、5分かかるのは変わりません。100台の機械で100個の部品を作ったとしても、所要時間は同じ5分となります。

A3:47日
“毎日、スイレンの数は2倍に増える” のだから、「湖全体を覆う日」の1日前が「湖半分を覆う日」になるはずです。

エリート名門校とされるマサチューセッツ工科大学の学生たちでも、3問全て正解したのは48%だったと伝えられています。あなたは全て分かりましたか?

スポンサードリンク










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。