So-net無料ブログ作成

タイ プミポン国王崩御、88歳=在位70年、現役君主最長 [ニュース]




スポンサードリンク





王.jpg

タイのプミポン・アドゥンヤデート国王(ラマ9世)が10月13日午後3時52分でバンコクのシリラート病院で逝去されました。

88歳でした。死因は明らかにされていませんが、感染症などで治療を受けていました。
70年もの長期にわたった在位中、国民の厚い信頼と絶大な人気を誇った国王の死去で、タイ社会は重大な転機を迎えることになります。

王子.jpg

スポンサードリンク





今後、憲法と王室典範に基づき、新国王の即位に向けた手続きが進められ長男であるワチラロンコン皇太子(64)が即位する見通しです。
プミポン国王は1946年、兄のラマ8世の急死を受けて18歳の若さで即位。70年間に及んだ在位は世界の現役君主の中で最も長く、18世紀に始まった現チャクリ王朝の歴代国王の中でも最長でした。

国王はここ数年、健康状態が悪化し、入退院を繰り返していました。
2015年5月末以降はバンコクの病院に入院し公の場に姿を見せる機会は、ほとんどなくなっていました。 

プラユット首相はこの日午後7時、テレビ放送を通じて、政府関係者は1年間喪に服すこと(一般市民にも推奨)、30日間半旗を掲げること、30日間娯楽性の高いイベント開催を自粛すること、などを呼びかけました。

スポンサードリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。